自分が結婚するベストタイミングはいつ?

未来の年金対策か少子高齢化や晩婚化を防ぐためか、政府やメディアがこぞって若年・中年世代の婚活を推奨しています。婚活に挑んでいる年齢層は20代から40代の年齢層が最も多いです。その年齢層の親や祖父母世代は、男性は1つの会社に定年まで勤めることが当たり前、昇給も順調で年金も医療費も税金の支払い金額も今より容易で、マイホームをもつのが当たり前でした。女性も20代で結婚や出産をすることができる時代だったので、リストラやお金のことを深く考えなくてよかった。自分の子供や孫が30歳に突入したあたりから焦るため、結婚や出産の催促が始まることが多く、その声を受けて重い腰を上げて婚活に挑んでいる人も多いです。

婚活は適度な焦りも確かに必要ですが、本人は焦れば焦るほど空回りするし、親や周囲が口を出せばプレッシャーを与えるだけなので、本人のペースで焦らずに行うことが大切です。人に言われて婚活を開始するのではなく、自分が結婚したい・子供が欲しいと思った時が婚活を開始するべきベストタイミングです。メディアや親は結婚適齢期の世代にプレッシャーを与えるのではなく、出会える場所をこっそりと提供したりイベントを開催したりして、影から見守るかサポートする役割を請け負うべきです。

結婚したいのにできないという人

最近は婚活を積極的にやっているという人が多くなってきました。というのも、最近の30代以降の人が積極的に婚活をしているというのがあるからです。では、どうして最近の30代以降の人が積極的に婚活をしているのかというと、それは今の30代以降の人の多くが20代の頃に結婚はまだしなくても良いと思って結婚せずにいたというのがあるからです。そのせいで30代以降になって周囲に結婚できるような相手がいない事に気づき焦って婚活を始めたというのがあります。それで今の30代以降の人を中心にして積極的に婚活をしています。

ただ、最近は少し様子が変わってきていて20代の男女も婚活をしているケースも増えてきました。その状況は今の30代以降の人からすれば焦って婚活をしなくても良いように思えますが、今の20代の人は30代以降の人達が思ったように結婚できていない姿を見て自分達もそうなるのは嫌だと思って早めに婚活を始めているというのがあります。

確かに早くに婚活を始めればそれだけ良い相手と結婚できる可能性は高くなります。やはり結婚は遅くなればなるほど不利になります。特にそれが初婚ともなればさらに状況は悪くなるので婚活も早めにした方が良いという流れになりつつあります。結婚したいのに、なかなかいい相手が見つからない…、そもそもどうやって相手を見つければいいの?と悩んでいる人は少なくないのではないでしょうか。

結婚したいけど「出会い」ってどこにある?

出会いというものは意外と少ないものですよね。そんなひとにおすすめなのが婚活です。婚活とは、合コンや結婚したい人が集まるパーティーやイベントなどに積極的に参加して、結婚相手をみつけようとする活動のことです。

とはいえ、婚活とひとくくりにしてもさまざまな種類があります。たくさんの種類があるなかから、自分に合った婚活方法を選ぶことが素敵な相手を見つけやすくなる近道だと言えます。今回は具体的にどんな婚活方法があるのかを調べてみました。

まず、高いお金を払ってでも結婚したい!という人におすすめなのが結婚相談所を利用した婚活方法です。結婚相談所を利用する人はもちろん結婚したい人ですよね。そのため比較的相手を見つけやすい、しかもプロの人がサポートしてくれるので安心して相手を見つけられます。なかなか自分から相手にアプローチできない人にもおすすめの婚活方法です。

次に、結婚相談所に行くほどお金にも時間にも余裕が無い人におすすめなのが、婚活サイトです。婚活サイトでは、忙しい人でもスキマ時間で相手を探せるのでおすすめです。上手に婚活して、人生のパートナーを見つけてみてはいかがですか?